From DR

ユベラ50mg

¥1,540

抗酸化のカギとなるビタミンEの医薬品 

紫外線やマスク、ニキビなどの刺激により発生した活性酸素は肌の細胞を炒めてしまいます。これらは繰り返すことで、老化現象の一端を担っており健康的な肌を作るにあたってできるだけ避けるべき反応です。

この活性酸素を除去してくれる作用をもつのがビタミンEです。ビタミンCやポリフェノールなど抗酸化物質は数多くありますが、ビタミンEはその中心とも言える成分。欠乏することの内容日頃から摂取を心がけましょう。

また、抗酸化のみならず、血流を促進してくれる作用も持ちます。むくみや青クマなど、血流のうっ滞によるお悩みをお持ちの方にもおすすめの成分です。

特にシナール(ビタミンC)との相性がよく、一度抗酸化して失活したビタミンEを再度復活させてくれる作用もあるため、できれば一緒に取りたい成分と言えます。 

 こんな方におすすめ

・肌荒れで困っている方

・青クマやむくみが気になる方

・光老化が気になる方

 効能または効果

1.ビタミンE欠乏症の予防及び治療

2.末梢循環障害(間歇性跛行症、動脈硬化症、静脈血栓症、血栓性静脈炎、糖尿病性網膜症、凍瘡、四肢冷感症)

3.過酸化脂質の増加防止

1.以外の効能については、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきではない。

▷ 使用方法

通常、成人には1回1〜2錠(トコフェロール酢酸エステルとして、50〜100mg)を、1日2〜3回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

【副作用】

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

総症例3,586例中、32例(0.89%)の副作用が報告されています。

0.1〜5%未: 便秘、胃部不快感

0.1%未満: 下痢

0.1%未満:発疹

 内容量:1ヶ月90錠(1日3回)

 全成分

有効成分:1錠中にトコフェロール酢酸エステル50mgを含有する

添加物:アラビアゴム末、黄色5号、カルナウバロウ、カルメロースカルシウム、含水二酸化ケイ素、軽質無水ケイ酸、酸化チタン、ステアリン酸、精製白糖、タルク、沈降炭酸カルシウム、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、白色セラック、ヒドロキシプロピルセルロース、ポビドン、マクロゴール6000、D-マンニトール

You may also like

Recently viewed