From DR

トラネキサム酸 500mg

¥3,300

肝斑治療における中心的存在

シミ(メラニン)を産生する細胞(メラノサイト)の活動を抑える+抗炎症作用を持ち、シミや赤みに対して効果が期待できます。

他には固まった血液を溶かすプラスミンという酵素の働きを抑えるお薬です。止血したり、扁桃腺のはれ、口内炎に対して処方されることもあります。

※ 低用量ピルとの併用はできません。
※ 血液をサラサラにする、固めるお薬との併用はできません。

 こんな方におすすめ

・しみ、くすみ(特に肝斑)が気になる方

・ニキビ痕、赤みが気になる方

 効能または効果

全身性線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向(白血病、再生不良性貧血、紫斑病など及び手術中・術後の異常出血)
局所線溶亢進が関与すると考えられる異常出血(肺出血、鼻出血、性器出血、腎出血、前立腺手術中・術後の異常出血)
下記疾患における紅斑・腫脹・そう痒などの症状
 湿疹およびその類症・蕁麻疹、薬疹・中毒疹
下記疾患における咽頭痛・発赤・充血・腫脹などの症状
 扁桃炎、咽喉頭炎
口内炎における口内痛および口内粘膜アフター

▷ 使用方法

トラネキサム酸として、通常成人1日1,500 mgを3〜4回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

【副作用】

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調 査を実施していない。

重大な副作用 痙攣(頻度不明) 人工透析患者において痙攣があらわれることがあるの で、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を 中止し、適切な処置を行うこと。

0.1%~1%:食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、 胸やけ

0.1%未満:そう痒感、発疹等、眠気

 内容量:500mg/1錠

 全成分

トラネキサム酸500mg、D-マンニトール、ポリビニルアルコール(部分けん化物)

You may also like

Recently viewed